ファーストキャリアとして戦略コンサル・総合コンサルそれぞれのメリット/デメリットは?

Pocket

ファーストキャリアとして戦略コンサル・総合コンサルそれぞれのメリット/デメリットなんですか?

ご質問ありがとうございます。こちらに関しては、いろんな意見など、あるかと思いますが、一旦定性的な状況から回答させていただければと思います。

【結論】戦略コンサル・総合コンサルどちらにいけばよいか?

メリット/デメリットを整理する目的としては、「どちらの企業も行ける/目指せる状況にある場合の、入社/志望先の選択」かと思います。そちらに対しての結論は「戦略コンサルに行く/目指す」の気がします。

ボスコンを辞退して、デロイトに行った、MKを辞退してACNに行ったなどは聞いたことがないので。そのメリデメを整理する立場にいる方は、戦略のほうがメリットが大きいと判断されている状況かと思います。

戦略コンサルに行くメリット・デメリットについて

こちらに関しては、特にデメリットは無いのかなと思います。戦略コンサルで働くような方は、その他の方がデメリットと感じることも、努力することによってデメリットと感じる暇なく、乗り越える印象です。

あえて1つデメリットをあげると「業務内でプログラミングをする経験が少ない」、などが挙げられるでしょか。

しかしこちらについても、現在WealthNaviのCEOをされている元マッキンゼーの柴山 和久さんが、WealthNaviのビジネスモデルを創案後、プログラミングスクールに通い、自身でWealthNaviのプロトタイプを作成されたなどのエピソードから、努力で解決される気がしますよね。

以上より、もし戦略コンサルを視野に動かれているのであれば、ぜひ自信を持って突き進んでください。メリットは年収など、勤務時間以外のほとんどかと思います。

総合コンサルに行くメリット・デメリットについて

総合コンサルに行く場合についても、基本的にはメリットしかないのかなと思います。※前述の戦略コンサルと比較した場合は、多少なりともデメリットとはあがると思いますが、どちらにも行ける方は戦略コンサルに行くことを前提として、戦略コンサル以外の仕事と比較した場合の話にしたいと思います。

メリットとしては現在コンサル業界を検討している際に、承知していただいている通りで、さまざまな業界や技術を扱っているなどの魅力があるかと思います。

前述したデメリットに関してですが、デメリットを上げはじめると、特にコンサル業に限った話にならなくなってしまうので、そういう意味で特にデメリットは無いのかなと思います。

入社した段階では、特に次のキャリアが何かに限定されるわけでもありませんので、可能な限りの選択肢を残した状態として捉えて問題ないかと思います。

自分で事業を回す経験や、新規事業に携わる経験が積めない。とかはあるかなと思いますが、そこをデメリットに感じるのであれば、事業会社またはベンチャーを選択すればよいのかなと思います。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます。結論として、どちらも素晴らしい選択かと思うので、そこまで悩まず選考準備などに取組んでいただければと思います。※戦略に向けてのケース対策などは、総合コンサルの試験にもそのまま活かせるかと思うので。

また何かありましたらご質問下さい。