【保存版】自己分析のやり方「5ステップ」

Pocket

多くの就活生は、自己分析と言われても具体的に何をすればいいのかわからないと感じている人も多いのではないでしょうか。

就職活動を始めるにあたり、まず初めに取り掛かるべきことは何かと聞かれた場合、多くの人が「自己分析」と答えるでしょう。

そこで本記事では、具体的にどのように自己分析をすればいいのかについて、5つのステップに分けて解説していきます。
[st-card id=647 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

自己分析の2つの目的とは

自己分析の目的について聞かれた場合、はっきりと答えることはできるでしょうか。

よくある就活中の失敗として、闇雲に自己分析を続けた結果、時間だけが無駄に過ぎてしまったというパターンをよく耳にします。

これらの失敗は、自己分析の目的が明確化できていなかったことが原因です。

自己分析の目的を意識しない場合、自己分析をどこまでやればいいのか、自己分析を何に活かすことができるのか曖昧になってしまい、結果的に無駄な時間を過ごしていまうことになります。

そこで自己分析を始める前に、その目的を明確にしておくことが無駄な労力を割かないためにも重要です。

就活の目的のである「内定を得ること」から逆算すると、

自己分析の目的は「就活の軸を決めること」「効果的な自己PRを作ること」の2つに分けられると考えています。

この目的を常に念頭に置いて、自己分析を行っていきましょう。

自己分析のやり方5ステップ

では、具体的にどのように自己分析を行っていけばいいのかを5つのステップに分けて解説していきます。

初めに簡単にステップを紹介すると、以下のようになります。

①自分を構築するデータを揃える
②データに感情を加える
③データを掘り下げる
④共通点を見つける
⑤就活の軸と自己PRに活かす

上記の5ステップは、情報を揃える→情報を掘り下げる→考察する→就活に活かす、という流れになっています。

ここで重要なポイントは、最後の就活に活かす段階まで落とし込むことです。

自己分析は行っているもののその成果が自己PRや志望動機に活かしきれていない就活生をよく目にします。

繰り返しになりますが、自己分析の目的である「就活の軸の明確化」「効果的な自己PR」という目的を念頭において、それぞれのプロセスを実践していきましょう。

 

自分を構築するデータを揃える

1つ目のステップは自分を構築するデータを揃えることです。

つまり、これまでの経験を振り返り自分を構築する情報を事実ベースで収集してきます。

収集する方法は大きく2つ分けられます。

1つ目は、自分史などを作成することで得られる主観的なデータです。そして2つ目は、他己分析などで得られる客観的なデータです。

両者の収集方法には、それぞれメリットデメリットがあります。両者を相互的に活用し補い合うことをお勧めします。

より具体的にイメージし実践していただくために、私の場合を紹介させて頂きます。

まず主観的なデータですが、幼稚園から大学時代まで時系列順の章に分けて、自分の人格がどのように形成されたのかについて経験ベースで5000字ほど書き出しています。

何を書けばわからないという人は以下の視点持って、どのような経験があったか思い出してみるといいでしょう。

・好きだった時間の過ごし方は?
・一番嬉しかったことは?
・一番楽しかった経験は?
・一番幸せな出来事は?
・一番誇れる経験は?
・一番感動した経験は?
・一番努力した経験は?
・一番影響を受けた出来事は?
・一番影響を受けた人は?
・周囲と協力して成し遂げた経験は?
・生き方や考え方を刺激された経験は?
・一番悲しかった経験は?
・一番苦しかった経験は?
・一番裏切られたと感じた経験は?
・一番の挫折経験は?
・一番恥ずかしい経験は?
・一番後悔していることは?
・一番怒りを覚えた経験は?
・家族の中でどのような役割だったか
・家族の教育方針はどんなだったか
・どんな家族だったか
・生まれた地域はどんなところだった
・家族との間での一番良い思い出は?
・勉強で一番残した成果は?
・勉強で一番悔しかったことは?
・部活で残した一番の成果は?
・部活で一番悔しかったことは?
・どんなアルバイトをしていた?
・アルバイトで残した一番の成果は?

 

次に客観的なデータに関してですが、とにかく他己分析を徹底的行いました。

家族、友人、先生、社会人と50名以上の方々と就活を通じてお話させていただいたと思います。

特にお勧めなのが、家族に聞くこと、実際に働いている社会人の方と話すことです。

家族は、自分のことを最もよく知る存在です。以下のような質問を通じて、自分が自覚していなかった一面を知ることができました。

・どんな時に1番楽しそうな様子だったか
・成長したなと感じた時はいつか
・自分の長所と短所は
・困難にぶつかった時どんな様子だったか
・自分の言動に対して何か改善点はあるか

次にお勧めするのが、インターンやOB訪問を通じて社会人とお話する機会を設けることです。

友人や家族と異なり、社会人の方はビジネス的な視点を持っています。

これまで重要ではないと思っていた経験でもビジネスの視点では重要であることもあります。

また社会人の方との対話を通じて、自分の経験やスキルをビジネスシーンでどう活かせるのかを言語化することができました。

客観的な視点を入れることによって、主観的なデータからでは見えてこなかった新たな自分の一面が見えてきます。

主観的なデータと客観的な相互的なデータを補完しあい、情報収集を進めていきましょう。

 

データに感情を加える

2つ目のステップは、感情を付け加えていく作業になります。

1つ目のプロセスで収集した事実ベースの経験を元に、その経験に対してどのような感情を抱いたのか書き加えていきましょう。

よく使うツールとしては以下のようなモチベーショングラフというものがあります。

モチベーショングラフを作成する目的は、価値観やモチベーションの源泉を知ることです。

上記のグラフはあくまでラフな一例なので、なるべく細かい経験ベースで上記グラフを作成できれば、次のステップ以降に活きていきます。

過去のデータを掘り下げる

次のステップは過去のデータを掘り下げ、人に納得してもらうレベルまで言語化していきましょう。

これまでの自分史とモチベーションを活用し、なぜその経験でモチベーションが上がったのか、また下がったのか、繰り返し問い続けることで言語化していきましょう。

ゴール目安としては、1つのエピソードを1分でわかりやすく人に説明できるようになることです。

話し方の例文としては

結論:〇〇の経験をした
感情:〇〇な感情を抱いた
理由:〇〇が理由だ(複数)
結果:その経験が〇〇な性格、〇〇な行動に影響を与えた

といったフレームを例として紹介します。

特に重要なのは、理由とその後のアクションにどのような影響を与えたのかという点です。

ここが具体的であればあるほど、説得力が増し効果的な自己PRに繋がります。

そのためにも「なぜ」という質問を繰り返し、言語化をしていきましょう。

共通点を見つける

次のステップでは、共通点を見つけていきましょう。

これまでの自分史、他己分析、モチベーショングラフ、深掘りから、自分の思考パターン、岐路に立った時の決断、困難に対するアクション、人との関わり方、モチベーションが上がる条件など共通点はないでしょうか。

その共通点が、価値観であり、理想像であり、必ず避けたい要素になります。

このプロセスは具体的な事象をまとめ、抽象化していく作業です。

1度抽象化することで、次のプロセスであるビジネスシーンで求める条件に落とし込んでいくことが可能になります。

この段階までくれば自己分析もあと少しです。

自己分析を就活に活かす

最後のステップは自己分析を就職活動に活かしていきましょう。

自己分析の目的は「就活の軸を決めること」「効果的な自己PRを作ること」の2つでした。

まず就活の軸ですが、ステップ4で導きだした共通点を働く上で求めるものと求めないものに分けていきます。

そこで残ったものがあなたの働く上で必ず満たしたいもの、つまり就活の軸です。

具体的な就活の軸にはどのようなものがあるのか、についてはUnistyleの記事にて詳しく説明されているので、そちらを参考にして下さい。

次に「効果的な自己PR」ですが、これはこれまでのステップを通じて既に完成されています。

効果的とは、面接官が「この人材はウチの会社で貢献してくれるな」と思ってもらえるか、ということです。

これまでの他己分析や言語化を活用しれ、自分の経験をわかりやすく且つ企業が魅力的と思えるような自己PRを作成していきましょう。

以下が効果的な自己PRの例文です

結論:私は、◯◯な強みがある

具体例:◯◯という経験で◯◯を発揮した

再現性:◯◯は御社の◯◯で発揮できる

結論:だから私は御社で活躍できる

自己分析を活用できるのは、結論と具体例の部分です。

同様に自己PRでは、どれだけ面接官に再現性を想起させることができるかもポイントになります。

再現性については、企業研究で対策を行って下さい。

 

最後に

いかがだったでしょうか。この知識を活かして、具体的なアクションに繋げていただければ嬉しい限りです。

最後になりますが、自己分析はゴールではありません。

あくまで内定を取るための大きなステップの1つに過ぎないということを認識して下さい。

そして机上の自己分析に終わってしまうのではなく、選考やインターンなどでアウトプットしていって下さい。