【保存版】就活をロジカルにってどういうこと?

Pocket

就職活動を行っていく上で、就活生に与えれた時間は有限です。学業などの活動と並行して就職活動を行なわなければならず、両立が難しいと嘆く就活生も多いことでしょう。

そのような環境の中では、限られた時間内に最大のアウトプット(内定)を獲得することが重要になってきます。

そこで必要になってくるのが、ロジカルに就活を考えることです。

ここで言うロジカルとは、現在地と目標のギャップを把握しそのギャップを戦略的に埋めていくことを意味します。

本記事では、どのように就職活動を行っていけば良いのかを5ステップに分けて解説していきます。

それぞれのステップをしっかりと理解し、自分にとって納得のいく就職活動にしていきましょう。

 

そもそも就職活動って何をすればいいの?

就職活動を始めなければならないと思いながらも、何をすればいいのかわからないという就活生も多いと思います。

結論から言うと、就活とは「志望企業から内定を貰う活動」のことです。

そのため、就活生は企業に対して「自分は企業に貢献できる人材だ」ということをESや筆記試験、面接という場面でアピールしなければなりません。

目的を常に意識することは、行動の指針となることからとても重要です。就活の目的は「志望企業から内定を貰う活動」ということを念頭において、行動していきましょう。

[st-card id=647 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

現状を把握する:自分は社会人として何がやりたいのか

次のステップは、現状を把握することです。現状把握とは、「自分は社会人として何がやりたいのか」を認識することです。

おそらく多くの就活生は、「やりたいことなんてわからない」と感じているのではないでしょうか。たしかに、学生という立場で将来何がしたいのか決めることは難しいでしょう。

しかし、就活の目的を思い出してください。

就活とは「志望企業から内定を獲得すること」です。この目的を達成するために、暫定的にやりたいことを現時点で定めるということが必要になってきます。

なぜなら、本当に心からやりたいと思えることを考え続けていても結論はでないからです。

だからこそ、仮説としてやりたいことを設定し、就職活動の中で、その仮説を修正していくようにしましょう。

自分が将来何がしたいのかを見つけるために、過去の自分を振り返り、何にやり甲斐を感じるのかを考察していきましょう。

 

目標を設定する:志望企業を選定する

次のステップは、自分が将来やりたいことは「どの企業で実現できるのか」決めましょう。

例えば、「日本経済の再興に携わって見たいという想いから、日本企業の海外進出を支援するコンサルタントになりたい。」など、自分の想いを実現できそうな業界や企業を選択していきましょう。

上記のような想いならば、総合商社や官僚といった選択肢も存在すると思います。そこで、ある程度の志望企業をピックアップできたら、業界や企業に対して優先順位をつけていくことが必要になります。

優先順位を判断する指標は主に3つあると考えています。

1つ目は「どれくらいの報酬でどれくらいの労力が妥当か」です。

これは給与・休日休暇・残業時間・福利厚生などの外的要因を指します。自分の中で、どのくらいの報酬に対して、どのくらいの労力をかけたいのかを具体的にイメージしましょう。

2つ目は「どんな人・組織としたいか」です。

どんな仕事であれ、人と人との関係の上に成り立っています。そういう意味では、自分がどのような人や組織で仕事をしたいのかを考える必要があります。例えば、社長・社員・風土・将来性などの視点から、理想的な状況をイメージしてみましょう。

3つ目は「会社の中でどう扱われたいか」です。

これは、達成感・承認欲求・キャリアステップ・社内での競争率などを指します。自分がその会社でどう扱われたいかによって、その企業に合う合わないが変わってきます。

上記3つの指標を活用し、自分の志望業界や企業を選定していきましょう。

 

現状と目標のギャップを把握する:志望企業に受かるためには

志望企業で自分のやりたいことするためには、内定を獲得しなければいけません。

そこで次のステップとして、志望企業の内定を獲得するためには何をすればいいのか」を把握する必要があります。

志望企業によって異なりますが、多くの企業は選考フローとして「ES→筆記試験→GD→面接」という選考プロセスを用意しています。

そこで、それぞれの選考フローに対してすべきことを具体的にタスクに落とし込んでいく必要があります。

例えば、ES対策として志望動機・企業にアピールできるガクチカを用意しなければいけません。そのために、OB訪問もする必要もあるかもしれません。また、テスト形式を調べそれにあった参考書を解く必要もあるでしょう。

このように、現在地から内定に至るまでに埋めるべきギャップを把握し、それを埋めるためのアクションをタスクに落とし込んでいきましょう。

 

スケジューリングをする:いつまでに何をやるか

タスクを把握できた後は、それを「いつまでに何をやるか」を決めていきましょう。

しっかりスケジューリングできていなければ、筆記試験や面接の直前に慌てて対策することになります。そうなれば、選考準備の質は低いものになるでしょう。

冒頭でも述べましたが、選考対策に避ける時間は有限です。時間内に最高のパフォーマンスをするために、「いつまでに何をするのか」の段階まで具体的に落とし込んでいきましょう。

「いつまでに何をするのか」を決めるためには、選考スケジュールを把握する必要があります。

選考スケジュールを把握するツールとして、Unistyleワンキャリアといった就活支援サイトを活用することをオススメします。

このような就活支援サイトには、過去の選考体験記や合格者ESを無料で見ることができます。就活生にとって必須のツールでしょう。

 

行動に移す:内定までのロードマップを実行する

これまでに「内定までのロードマップ」を描いてきました。後は、そのロードマップを実行するのみです。

行動していくうちに、やりたいことが変わったり志望企業が変わることもあるでしょう。

その時は随時、「内定までのロードマップ」に修正を加えていきましょう。修正を加えていくうちに、自然と自分の進むべき道が定まっていくのが実感できるはずです。

仮説立て、行動検証し、修正していくことを繰り返すことで、自分にとって本当に納得できる就職活動にしていきましょう。