【転職後のキャリア】総合コンサルへの転職

Pocket

現在sap関連の業務に携わっており、来年再来年あたりに総合コンサル(アビームやアクセンチュア辺り)への転職を検討しています。質問なのですが、総合コンサルでは長年勤めること自体良しとされていないのでしょうか?仮に30で転職したとして定年まで働くことはできるのでしようか。また転職でコンサル入社された方はどのようなキャリアを歩んでいるのでしょうか?

お聞き頂いた内容は転職を検討するにあたり、とても気になる部分かなと思います。
以下、それぞれご回答させていただきます。

総合コンサルに長年勤めること自体良しとされているか?

基本的には良しとされております!しかしIT系の部門と戦略系の部門(もしそのファーム内に存在していれば)では、若干雰囲気が異なる部分もあるので、以下分けて解説します。

IT系の部門では良しとされている

近年SAPなどの案件が多いという背景もあり、金額規模の多い基幹システム系の案件はどこもファームも狙っている状況です。それに伴い、実際に案件をデリバリーできる人材を中長期的に増やしたいというのは、どこのファームも共通トレンドかなと思います。

SAPまたはその他のシステムに関する知識は、一朝一夕で身につくようなものではありません。こちらについても管理職は良く理解しておりますので、中長期的にナレッジを蓄積していただけることを望んでいます。

以上の理由から、IT系の部門では長く務めていただくことを歓迎しております。SAP関連の具体例になってしまいましたが、その他のサービスについても同様の状況ですね。

戦略系の会社/部門では良しとされていない場合も

一方戦略系の案件を扱っている部門については(※戦略系のファームを想像してもそうですが)、じっくりしたキャリア形成を応援しているイメージはありません。

かなりハードな学習及び成長を求められ、”能力的に追いつかないのであれば辞めて下さい”が基本スタンスです。厳しい環境かと思いますが、それでもその成長できる環境が魅力的だと、コンサル業界では未だに花形の部署となっていますね。

30歳でコンサルに転職:定年まで働くことはできるか?

会社的に定年まで働けるか働けないか以前に「定年までコンサルファームでばりばり働きたいと思うか?」という問いに、ぶつかる印象です。

またコンサルファーム自体、ここまでスケールして盛り上がっているのもほんとにここ10年くらいですので、まだ 「転職まで働ける可能性のあった人のサンプル数」 が、かなり少ない状況かと思います。

あと10-15年くらい経ったときに、今のシニア層がどのようなキャリアを選択しているかが、時代の流れを含めて、答えになってくるかなと思います!

転職でコンサル入社した後のキャリアは?

ファームにもよるかと思いますが、中途入社の方が50%以上の会社が多いと思います。今の私のチームも8割の方が中途入社ですので「中途だから新卒だから」、「この業界からきたから」などは一切問題とせず仕事をしています。

上記の状況から、コンサルファームに転職する際に、「転職だから○○」のような心配は不要かと思います。最初の上司が、転職して入社している方の可能性も十分ありますので、そういう意味では転職先として選択しやすい業界かなと思いますね。

まとめ

最初に書きました通り、IT系の部門などでは、おそらく社外の方の想像以上に、長く働け仕組み/考え方が整いつつあります

人材拡大路線を目指しているファームは、良くも悪くも自社内の働き方を、一般的な日系企業に寄せている状況ですので、転職に際しては、あまり心配しなくもOKかなと思います。

応援しておりますので、今後の転職活動を含め、頑張ってください!